2015年01月04日

犬村小六 著『とある飛空士への追憶』読書感想文

正月休みも終盤ですが、あけましておめでとうございます。

本年も当ブログをごひいきにしていただけると、うれしいです。

 

では前置きを切り上げ、本題に移りたいと思います。

ガガガ文庫、初期の代表作を読破しました。

 

一介の飛空士と王妃になる少女が織りなす、ひと夏の恋と空戦の物語。

ほどよい余韻の残るストーリーでした。

「アフターストーリーを考えさせられる」と評したほうが適切かもしれません。

 

恥ずかしながら、ガガガ文庫の小説を読んだのは今作が初です。

新人賞へ投稿したこともなく、一風変わった物語を受け入れてくれるレーベル

という印象だけ持っていました。

 

その認識はある意味で正しいのでしょう。

本作は『ライトノベルど真ん中』って感じではありませんでした。

電撃文庫よりも、メディアワークス文庫寄りの作品に感じたのです。

 

軽すぎず、読者に甘酸っぱい感覚を惹起させるストーリー展開には感服させられます。

僕は未視聴ですが、アニメ映画化したのも納得の作品ですね。 

 

ただし、恐らく僕はこういった小説を書けません。

もちろん低レベルゆえ『書きたくとも書けない』という事実は承知の上です。

 

いずれにせよ僕が手がけるとしても、ああいう結末にはならないと思います。

僕の場合、ラストは「めでたしめでたし」が基本理念ですから。

 

でも本書はありきたりなハッピーエンドだと、きっと多くの人を感動させる傑作にならず、

なんの変哲もない駄作に成り果てた気がします。

 

ときにはバッドエンディングの作品が、大反響を巻き起こすこともある。

頭では分かっているのですが、僕は愚直なほど大団円の物語に固執します

 

ふと思いました。

僕は幸せに飢えているのかな、と。


※当ブログが参加しているランキングです。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 小説家志望】     【人気ブログランキング】     【FC2 Blog Ranking
posted by 木田真 at 20:56 | Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。